過去問演習はバージョンアップのイメージで

司法書士試験対策で重要なのが過去問演習です。司法書士試験では重要論点が形を変えて何度も出題されるからです。したがって過去問の完全マスターが司法書士試験合格の一番の近道と言えます。
そこで過去問演習をするのですが、漫然と問題を解くそしてこれの繰り返し、これでは実力は付きません。バージョンアップをするイメージで過去問演習を繰り返すと実力が着実につきます。
つまり、過去問演習の1回~4回目ぐらいまでは問題を解いて解答解説を読む、5回~8回目ぐらいになったら理由や趣旨を考えながら解く、9回目ぐらいからは周辺の知識を関連付けながら学習を進める。このように少しずつバージョンアップしていくイメージで過去問演習に取り組むといいでしょう。合格に必要な学力が着実に付くはずです。司法書士サイトはこちら

最新記事

講師ブログ

森山和正【LEC】
PR: LEC司法書士サイトはこちら 西垣哲也【Wセミナー】
PR: Wセミナー司法書士講座はこちら 山本浩司【Wセミナー】 伊藤塾講師
PR: 伊藤塾司法書士サイトはこちら 三枝りょう 【資格スクエア・大栄】
PR: 資格スクエア司法書士講座 向田 恭平【大栄ほか】
PR: 大栄・司法書士講座はこちら クレアール
PR: クレアール司法書士サイトはこちら 海老澤毅【辰巳】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(司法書士講師ブログ)

【知恵袋】司法書士に関する質問
PR: 司法書士試験解答速報 【法務省】 試験情報