司法書士とADR

法的トラブルの解決と言えば裁判が一般的ですが、裁判以外の簡易迅速な解決方法があります。それがADR (Alternative Dispute Resolution)で、新たな司法書士の業務として注目を集めています。
ADRの主なものとして調停がありますが、裁判と異なり当事者が十分に話し合った上で、合意により解決に至るのが特長です。したがって、

・簡易迅速な解決
・低コスト
・トラブル解決後も遺恨が残らない

などのメリットがあります。
そして調停と言えば従来は裁判所で行うものでしたが、平成19年にADR法が施行され、法務大臣による認証を受けた民間機関においても調停が行われています。そして司法書士会にも調停センターが順次設置されています。
この他にもADRには仲裁などもあります。興味ある受験生の方は日本司法書士連合会のページを参照にされると良いでしょう。
■ 参考動画解説
裁判以外の解決方法

最新記事

講師ブログ

森山和正【LEC】
PR: LEC司法書士サイトはこちら 西垣哲也【Wセミナー】
PR: Wセミナー司法書士講座はこちら 山本浩司【Wセミナー】 伊藤塾講師
PR: 伊藤塾司法書士サイトはこちら 三枝りょう 【資格スクエア・大栄】
PR: 資格スクエア司法書士講座 向田 恭平【大栄ほか】
PR: 大栄・司法書士講座はこちら クレアール
PR: クレアール司法書士サイトはこちら 海老澤毅【辰巳】
PR: 辰巳司法書士 無料資料請求

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(司法書士講師ブログ)

【知恵袋】司法書士に関する質問
PR: 司法書士試験解答速報 【法務省】 試験情報

(スポンサードリンク)