荻原泉、記述式解法テクニック

司法書士試験の最後の合否を決めるのが記述式試験です。しかし択一は過去問を中心とした問題演習で対応が可能な一方、得点が大きく合否を左右する記述式は具体的にどんな学習をしたらいいか悩む受験生の方も多いでしょう。
その理由として記述式の過去問題が少ないこと、出題形式の変化などが挙げられます。そこでLEC司法書士講座実力派講師であるの萩原泉先生が、合格につながる記述式解法テクニックを公開します。
記述式試験の分析をすると共に、時系列を使った解法テクニック、勝負となる実体判断、少しでも傷を少なくする答案作成、基準点を確実に超えるコツなど具体的な方法を詳しく説明します。記述式で得点を伸ばしたい受験生の方にオススメの解説動画です。
【荻原泉講師について詳しく見る】
■ 荻原泉の記述式解法テクニック
大きな画面で見る→【ユーストリーム】

最新記事

講師ブログ

森山和正【LEC】
PR: LEC司法書士サイトはこちら 西垣哲也【Wセミナー】
PR: Wセミナー司法書士講座はこちら 山本浩司【Wセミナー】 伊藤塾講師
PR: 伊藤塾司法書士サイトはこちら 三枝りょう 【資格スクエア・大栄】
PR: 資格スクエア司法書士講座 向田 恭平【大栄ほか】
PR: 大栄・司法書士講座はこちら クレアール
PR: クレアール司法書士サイトはこちら 海老澤毅【辰巳】
PR: 辰巳司法書士 無料資料請求

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(司法書士講師ブログ)

【知恵袋】司法書士に関する質問
PR: 司法書士試験解答速報 【法務省】 試験情報

(スポンサードリンク)