学習を継続させる

司法書士サイトはこちら
司法書士試験対策の学習を始めてみたものの、なかなか継続ができない受験生の方もいらっしゃるでしょう。特に司法書士試験では記憶すべき量が多いので、その傾向が強く表れます。
大切なことは継続できる仕組みを作ることです。代表的なものとして「達成感」を得られる学習法を取り入れる方法です。たとえば毎日1時間の学習で30日で完成する計画ならば、1か月後にようやく達成感が得られます。
それに対して一日3時間学習を10日間続ける短期集中ならば10日後には達成感を得ることができます。これならば挫折する可能性も低くすることができるでしょう。
この他にも「目標を小分けにする」方法があります。例えば民法総則のマスターという目標ならば、代理・条件・失踪宣告など小分けにした方が目標を達成しやすくなります。そして達成感や成功体験を積み重ねていくのです。これならば継続して学習することが可能でしょう。
また過去問に取り組む際にも本格的な過去問題集ではなく、一問一答形式の過去問題集【肢別】を利用してみましょう。これならば短時間で学習が完成するため、達成感が得やすくなります。
いずれにせよ、やる気に頼る学習法ではなくて、継続できる仕組みを作ることが重要です。特に司法書士試験の学習期間は長期に亘るので、このような仕組みの有無で学習効果が大きく変わってきます。ぜひ初心者の方は参考にして下さい。

最新記事

講師ブログ

森山和正【LEC】
PR: LEC司法書士サイトはこちら 西垣哲也【Wセミナー】
PR: Wセミナー司法書士講座はこちら 山本浩司【Wセミナー】 伊藤塾講師
PR: 伊藤塾司法書士サイトはこちら 三枝りょう 【資格スクエア・大栄】
PR: 資格スクエア司法書士講座 向田 恭平【大栄ほか】
PR: 大栄・司法書士講座はこちら クレアール
PR: クレアール司法書士サイトはこちら 海老澤毅【辰巳】
PR: 辰巳司法書士 無料資料請求

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(司法書士講師ブログ)

【知恵袋】司法書士に関する質問
PR: 司法書士試験解答速報 【法務省】 試験情報

(スポンサードリンク)